ブログトップ

創価3世本音ブログ

scka.exblog.jp

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

祝! バカ創価を脱出成功!

ごぶさたしてます。
実は前回のブログ記事を書いたあと、ついについに創価を脱出しました!!v(=^0^=)v

タゴ作のXデーが来てから脱会すると言ってたけど、タゴ作もなかなかしぶといし、Xデーまで待てないから、
思い切って脱出作戦を実行しました!v(⌒o⌒)v

もちろんカルト創価はすんなりやめられないから、
まず、仕事が転勤になったといって、実家の親に今の住所から遠く離れた住所地を電話で伝え、
実際にはその反対の方向の住所地に引っ越しました。
親も学会員だから、ほんとの引越し先を伝えると、引越し先に勝手に部員カードが送られてそれで分かってしまうから、敵をだますにはまず身内からというわけです。
親の方から何か郵便物を送ってきた場合、住所が違うからバレてしまうので、ニセの住所地に私設私書箱を設置して、郵便物はそこへ送ってもらうことにしました。
郵便局の私書箱と違って、実住所と変わらない表記になるので、ニセの住所と疑われません。
ただし、月数千円の料金は少し痛いですが仕方ない。(;´д`)トホホ…

それから、固定電話の番号でも住所が推測されてしまうので、親には固定電話引くのは面倒だし携帯だけで充分と言って、固定電話番号は教えてません。実際に引越し先には固定電話は引いてません。

今までいた支部の幹部には電話で引越しを伝えました。もちろんニセの住所を教えました (^ω^)
黙って引っ越してもよかったんですが、ニセの情報を刷り込ませておいた方がいいので、わざわざ電話で知らせといたんです。
支部には実家の住所も電話番号も教えてなかったので、支部から実家の方に問い合わせてくる心配もありません。

なになに? 信心していたのにそんなウソついていいのかって?
もちろん、ウソじゃなくて方便だからいいんだよー! 法華経にも方便が書いてるじゃないか。それに創価のウソつきに比べればはるかにマシだろ。ウソつき相手にウソついても許されるだろ! (^┰^;)ゞ
まあ、カルト創価をやめるにはそれくらいのウソでもつかなきゃやめられないということなのさ。カルトをやめるんだからそれくらいのウソは許されるということさ(断じてウソじゃなくて方便だ!)

それにしても、引っ越すのに親にもウソつかなきゃならないとは。これもカルト創価のせいじゃないか! ヽ(`-´#)ノ


あ、それから、引っ越したあとに脱会届を学会本部に郵送しときました。 (☆´-ω-)v

さあ、これで晴れてバカ創価を脱出できた!(n‘∀‘)η ヤァーッホォー 
もう学会員じゃないし、これからは学会部外者だ!\(^o^)/ヽ(^^)(^^)ノ

これでこのブログも終わりにします。今まで読んでいただきありがとうございました。m( _ _ )m
このブログはこのまま放置しときます。

それでは最後に創価に一言。


バカ創価、
あばよー!!!

(ここは柳沢慎吾風)
[PR]
by zubb | 2014-06-11 21:42 | つぶやき

そんなら自分が創価を体験してみろよ

ヤフー知恵袋なんかを見て回ってると、「世の中には創価の悪口ばかり言ってる人がいるけど、創価がそんなに悪いとは思わないし、学会員もそんなに悪い人はいないですよ。そんな創価の悪口ばかり言わなくてもいいんじゃないですか?」とかいう質問してるのを見ることあるけど、こんな質問してる奴はたいがい学会員が一般人のふりしてる場合が多いよな。
もしほんとうに学会員じゃない一般人がこんなノンキな質問をしてるのなら、そいつに学会員の俺から言っておきたい。
「ほんとにそう思ってんなら、1度自分で創価に入会して学会活動やってみろよ。自分で実際に創価を体験してみろよ。その上で創価は素晴らしいとか正しいとか別に悪くないとか思えるんなら死ぬまでずっと学会活動続けて生きていけよ」
まあ、創価の部外者で、創価をほめてる奴とかかばってる奴で、創価に入る奴を見たことないけどな。
アグネスやらヨイショ佐藤やらオカルト脳茂木やら森田のもうろくじいさんなんかを見ればわかるだろ。
こいつら「創価は素晴らしい!」とか言って創価をヨイショしてるけど、結局自分は全然創価に入る気ないじゃないか。
結局こいつら外部の連中にとっては他人ごとなんだ。俺たち学会2世や3世がやりたくもないのに「親が学会員なんだから子供も学会活動するのが当たり前」と勝手に決めつけられて創価にこき使われ金まで巻き上げられても、学会員じゃない世間の連中からすれば他人ごとでしかないだろ。
そういう奴がよく分かりもしないのに「創価はそんなに悪くない」とか無責任なことヌカすなよ。
[PR]
by zubb | 2014-06-02 22:24 | つぶやき