ブログトップ

創価3世本音ブログ

scka.exblog.jp

任用試験

この前の日曜日、任用試験があったようだな。俺は中等部の時受けたけどな。
中等部員は全員一緒に受験させられたんだが、試験が始まって間もなくして、俺の同級生の奴が立ち上がったかと思ったら前の方の机に解答用紙を出してさっさと帰ってしまったんだ。
試験の担当者が「試験の時間が終了するまで帰らないでください」と言ってたけど、そいつはお構いなしに帰って行ってしまったんだ。
俺はその頃まだマジメにやってたから最後まで残ってたんだが、後でそいつに「あんなに早く答えが全部分かったのか?」と聞いたら、そいつは「もちろん、名前だけ書いてあとは白紙で出してやったさ。あんなもん、まじめに答えを書く奴はアホだろ」と笑いながら言ってたものだった。
今思えば奴の言うとおりだ。あんな創価の教学試験なんかマジメに勉強して試験受けたからといって何の役にも立ってないからな。アホらし。
昨日の聖教紙面には任用試験の記事で「この仏法はすごい!」「学べば学ぶほど確信が!歓喜が!」とかなんとか書いてたけど、バカバカしいやらアホらしいやら。本気でそんなこと思ってる奴がいるのかよ?
バカ創価の洗脳教学勉強して何になるんだ。せいぜいアホ活・マヌ活になって創価にこき使われしぼり取られる身分になるだけじゃないか。
創価ではマジメにやってる奴がバカを見るようになってるんだ。俺はもうそれに気づいてるからな。 
[PR]
by zubb | 2013-11-26 22:26 | つぶやき
<< アホでもわかる創価の矛盾点 信仰上の権利 >>